2007年04月29日

A-1区、植え替え

それではいよいよA-1区(非休眠、4月植替え)の植え替えです。

この株を植え替えます。
070430-03.JPG

1.鉢から株を出します。
根が回っている株の場合、株がなかなか鉢から出てこないことがあります。
その場合は鉢をたたいたりして出します。
070430-04.JPG

2.底面給水鉢(鉢底の受け皿に水をやるタイプの鉢)で、ひもがついている鉢の場合、
ひもを新しい鉢へ入れます。

070430-05.JPG 070430-06.JPG
※底面給水鉢でない、及び底にひもがついていない場合は3へ移動してください。
また、植え替え後に底面給水をしない場合もひもを入れる必要はありません。

3.用土を少し入れます。

4.緩効性肥料を入れます。
070430-07.JPG
※用土にあらかじめ緩効性肥料が配合されている場合は必要ありません

5.用土で肥料を覆い、植え替える株を鉢に入れます。
このとき、根は崩さないようにします。
株の高さは鉢のふちから1〜2cm低くします。
070430-08.JPG 070430-09.JPG

6.周りに用土を入れます。
ぎゅっと押してしまうと、空気の層がなくなって根に酸素が供給できなくなるので、
あまり詰め込みすぎないようします。
070430-10.JPG 070430-11.JPG


7.最後に水をたっぷりやります。
これで完成です。
070430-12.JPG

※2で底面給水用のひもを入れた場合、引き続き底面給水にて水やりをすることができます。
そのときには、受け皿の上部にわりばしや焼き網などで支えをしてその上に鉢を置きます。
こうすることで、受け皿に入った水がひもを伝わり株に水が与えられます。
070430-13.JPG 070430-14.JPG

今回は葉がたくさんある株と、
070430-01.JPG

葉があまり多くない株、
070430-02.JPG

以上の計6鉢を植え替えました。
これらがどのように生育していくかを比べていきます。

みなさんもゴールデンウイークなどを利用して、ぜひ植え替えをしてみてくださいね。
posted by のもっち at 17:50| Comment(0) | 夏越し